薬剤師とコミュニケーション能力

薬剤師に大切なのは柔軟に対応できるコミュニケーションスキルです。

薬剤師とコミュニケーション能力

薬剤師は、調剤だけが仕事であるという時代は、すでに終わったといわれています。そのような中で、非常に重要視されてきているのが、コミュニケーション能力です。つまり、今後も薬剤師として活躍していきたいのであれば、薬剤に関するスキルだけではなく、コミュニケーション能力も高めなければなりません。

そもそも、なぜ、コミュニケーション能力が求められるようになったのでしょうか。大きな原因は、今までの薬学教育にあるといえそうです。 詳しくみていくことにしましょう。そもそもの薬学教育は、薬剤に関する教育がメインとなっていました。つまり、患者さんをケアしたり、サポートする観点が欠けていたのです。

そのため、多くの調剤薬局などで、コミュニケーション不足から起こる事故が多発していました。これは、患者さんに対してだけではなく、医師に疑義照会を行う際の対応も含まれています。 この状況を改善するために、各現場では臨床薬学を中心とした再教育が行われていたのです。

それでも尚、トラブルを防ぐことは難しく、薬科大学などでより深く臨床薬学を学ぶ機会を設ける必要性が議論されてきました。結果、6年制大学が登場し、2012年より新卒者が現場で活躍するようになったというわけです。 6年制の薬科大学では、実際に病院薬局や調剤薬局で5ヶ月間実習を行う他、模擬訓練なども行われています。

これらの教育が導入されたことにより、現場で改めて臨床薬学について指導する必要がなくなり、専門的な立場から患者さんや医師との円滑なコミュニケーションが図れる、薬剤師が増え始めているのです。 また、4年制の大学のみを卒業している薬剤師を対象とした教育機関も登場し、改めて学び直す人も増えてきています。

一言でコミュニケーション能力といっても、多岐に亘ります。特に薬剤師は、専門性の高い仕事であることから、言語だけではなく、視覚的情報や、話し方などにも気をつけながら、相手に伝わるように情報を提供する必要があるでしょう。

以上のことから、今後も薬剤師として活躍してきたいのであれば、臨床薬学をより深く学び、コミュニケーション能力を鍛えていく必要性があるといえます。