アメリカで活躍する薬剤師の現状

薬剤師の位置づけ、アメリカと日本の違いは一体どんな所なのでしょう。

アメリカで活躍する薬剤師の現状

アメリカで働く薬剤師の現状とは、どのようなものなのでしょうか。日本とは違い、保険制度がないアメリカでは、薬剤師の役割は非常に重要だといわれています。 より詳しく見ていくことにしましょう。まず、日本の薬剤師と明らかに違うのは、業務内容です。

勤務先によっても変わってきますが、アメリカでも小規模の薬局は、とても忙しいといわれています。 なぜなら、病院からの処方依頼だけではなく、電話で受付けをするケースもあるからです。その上で、お客さんが来店した際は、顧客対応も行わなければなりません。

各州ごとによって違いがあるため、きまりごとによって業務範囲も変わってきますが、忙しいことに変わりはないでしょう。 それから、日本でいうドラッグストアのチェーン店のような位置づけで、営業しているドラッグストアでは、薬の処方は行っていないというのが現状です。

ただし、日本と違うのは、患者の体調管理も行う必要があるということでしょう。現在では、処方権が与えられるようになったことから、インフルエンザなどの予防接種も薬剤師が行っているのです。 そのため、日本のように、調剤するのが薬剤師という位置づけではなく、ホームドクターのような位置づけで認識されているといえます。

尚、アメリカでは、病院で働く薬剤師も多数存在しますが、調剤はもちろんのこと、医師のサポートまでも行うスペシャリストとして働いている他、調剤などには一切かかわらず、薬の管理や顧客対応のみを行うファーマシー・テクニシャンと呼ばれる人達も存在します。

以上、アメリカで活躍する薬剤師についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。勤務先によっては、高い専門性が求められるだけではなく、コミュニケーション能力も求められることが分かります。

日本国内で働く薬剤師との違いはいくつかありますが、中でも薬剤師の位置付けが日本とは全く違うといえそうです。日本でも近年は地域密着型のドラックストアや調剤薬局が増えてきています。 いずれ、アメリカのスタイルに近づいていくことも、可能性としては十分あるかもしれません。