薬剤師の仕事は調剤だけじゃない

データの管理や患者さんとのコミュニケーションも大事な仕事です

薬剤師の仕事は調剤だけじゃない

薬剤師の仕事といえば、調剤をイメージする人が多いと言えます。現場で働いている薬剤師は、調剤だけが仕事ではないことを理解していることは、言うまでもありません。しかし、新米の薬剤師や、薬学部などへ通っている大学生にとっては、興味がある話だといえます。そこで、調剤以外の仕事について代表的なものをご紹介していくことにしましょう。

まず最初は、服薬指導です。調剤薬局を利用したことがある人は分かるといえますが、ようするに患者さんに対して薬の概要や服薬の方法、注意事項などを伝える仕事です。

薬の渡し違いなどを防ぐ観点から、必ず患者さんの名前を呼び、薬の中身を一緒に確認していきます。また、最近は、薬剤に関する説明文も患者さんに渡したり、お薬手帳を見ながら、他に服薬している薬との兼ね合いを確認することもあるでしょう。

それから、病院勤務の薬剤師に限りますが、入院患者さんに直接服薬指導を行うこともあります。一人ひとりの患者さんに合わせる必要がありますので、コミュニケーション能力も重要です。

次にご紹介するのは、医薬品の管理業務です。これは、必要に応じてすぐに薬を調剤することができるように、薬剤の管理を行う仕事となります。整理整頓はもちろんのこと、必要に応じて薬剤を購入しなければならないため、極端に多過ぎたり少な過ぎたりしないように、バランスを考えることが大切だといえるでしょう。

それから、薬剤の保管方法についても、その都度対応する必要が出てきます。薬剤によっては、日光に当ててはいけないものもありますし、湿度や温度調整が必要なものもあるでしょう。 このように、デリケートな薬剤は、購入後早めに使用する必要があるため、その管理にも責任を持たなければなりません。

この他にも、薬剤師の基本的な業務としては、薬事衛生や医薬品の製造、販売などがあります。 各職場によって、やるべきことが違ってきますが、どんな仕事でも最初は大変なものです。早く一人前の薬剤師に慣れるように、努力を積み重ねていくようにしましょう。