薬剤師は夜勤のみの勤務もできる?!

夜勤で働きたい薬剤師さんは要チェックですね!

薬剤師は夜勤のみの勤務もできる?!

薬剤師は、夜勤のみの勤務もできるのかということについてですが、結論から言うと可能ではあります。しかし、現状としては、求人を見つけづらいかもしれません。

ただし、だからといって需要がないわけではなく、入念なリサーチを行いながら、最近主流となってきた薬剤師専門の求人サービスを利用すれば、就職することも不可能ではないでしょう。 夜勤の薬剤師といっても、働く職場は限られており、主に夜間の救急病院などで勤務することとなります。

薬局というと、日中しか仕事をしていないイメージが持たれがちですが、病院は24時間体制で対応しなければならず、それに伴って薬剤師も交代制で仕事を行う必要があるのです。 とはいえ、夜勤は体調を崩しやすいというデメリットが存在します。その上、多くの場合、夜勤は1人で調剤や医薬品管理などの業務をこなしていくため、かなり仕事が忙しいといえるのです。

そのため、長期間に亘って夜勤で働くスタッフは少なく、人手が足りなくなった時は、アルバイトの薬剤師などで対応するケースも少なくないと言えるでしょう。 つまり、夜勤のみの勤務は、意外とニーズがあるということです。また、給与も日給当たり3万円を超えることもあるため、単発的に仕事に入ったとしても、まとまった収入になることも少なくありません。

ただし、非常勤スタッフであることにかわりはありませんので、状況によっては自ら退職する意思がなくても、常勤スタッフの体制が整い次第、仕事が減る可能性はあるといえます。

以上、薬剤師は夜勤のみの勤務もできるのかについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。基本的に、薬剤師としてある程度の経験がなければ、勤めることが難しいといえそうですが、様々な事情から夜勤のみで働きたいケースもあることでしょう。

そのような時は、先程もご紹介したとおり、薬剤師専門の求人情報を提供しているサービスを利用することをおすすめします。 薬剤師転職サイトの専属コンサルタントに相談しながら、夜勤のみの勤務ができる職場を探すことができますので、より自分に合った勤務先を見つけやすくなるといえるでしょう。